ArchLinux: GRUB2とLinuxをシリアルコンソールで操作する

GRUB2とLinuxをシリアルコンソールで操作する手順を記載します。

デスクトップ環境向けの内容ではなく、組込み機器と仮想マシン運用向けの内容です。

 

1 /etc/default/grub

以下の変更を加えます。

  • GRUBのターミナルをconsoleとttyS0に変更します。これによりディスプレイとシリアルコンソールへ同一のGRUBが表示されます。
  • Linuxカーネルのコンソールをtty1とttyS0に変更します。ttyS0にログインプロンプトが表示され、tty1はディスプレイマネージャーによって管理されます。Ctrl+Alt+F2等を押すことで、tty2等にログインプロンプトが表示されます。
$ diff -uprN /etc/default/grub{.org,}
--- /etc/default/grub.org       2016-06-06 18:06:46.053333327 +0000
+++ /etc/default/grub   2016-06-06 20:28:12.563333332 +0000
@@ -1,7 +1,7 @@
 GRUB_DEFAULT=0
 GRUB_TIMEOUT=1
 GRUB_DISTRIBUTOR="Arch"
-GRUB_CMDLINE_LINUX_DEFAULT="quiet"
+GRUB_CMDLINE_LINUX_DEFAULT="console=tty1 console=ttyS0,115200"
 GRUB_CMDLINE_LINUX=""

 # Preload both GPT and MBR modules so that they are not missed
@@ -11,8 +11,11 @@ GRUB_PRELOAD_MODULES="part_gpt part_msdo
 #GRUB_HIDDEN_TIMEOUT=5
 #GRUB_HIDDEN_TIMEOUT_QUIET=true

+GRUB_TERMINAL="console serial"
+GRUB_SERIAL_COMMAND="serial --speed=115200 --unit=0 --word=8 --parity=no --stop=1"
+
 # Uncomment to use basic console
-GRUB_TERMINAL_INPUT=console
+#GRUB_TERMINAL_INPUT=console

 # Uncomment to disable graphical terminal
 #GRUB_TERMINAL_OUTPUT=console

2 grub-mkconfig

grub-mkconfigを実行し、/boot/grub/grub.cfgを再作成します。

$ sudo grub-mkconfig -o /boot/grub/grub.cfg
Generating grub configuration file ...
Found linux image: /boot/vmlinuz-linux
Found initrd image: /boot/initramfs-linux.img
Found fallback initramfs image: /boot/initramfs-linux-fallback.img
done

ArchLinuxを再起動します。

$ sudo reboot

3 実行結果

GRUBのディスプレイ出力は以下のとおりです。

0001_GRUB-to-Display.png

GRUBのシリアルコンソール出力は以下のとおりです。

本環境ではsudo virsh console <vmname>で接続しました。

0002_Grub-to-SerialConsole.png

tty1はディスプレイマネージャによって管理されます。

Ctrl + Alt + F2等でtty2等にログインプロンプトが表示されます。

0003_Linux-to-Display.png

シリアルコンソールにログインプロンプトが表示されます。

0004_Linux-to-SerialConsole.png