Debian 9: リモートデスクトップサーバのXRDPをインストールする

XRDPをインストールして、Windows 10からリモートデスクトップ接続する手順を記載します。

1 XRDPをインストールする

XRDPとTigerVNCサーバをインストールします。

$ sudo apt install -y xrdp tigervnc-standalone-server

セッションタイプがXvncでないとデスクトップ環境に接続できないので、以下のパッチでデフォルトのセッションタイプをXvncに変更します。

$ cd /etc/xrdp/
$ cat <<EOF | sudo patch -p1
--- a/xrdp.ini     2017-06-19 14:05:53.290490260 +0900
+++ b/xrdp.ini  2017-06-19 14:11:17.788557402 +0900
@@ -147,15 +147,6 @@ tcutils=true
 ; Session types
 ;

-[Xorg]
-name=Xorg
-lib=libxup.so
-username=ask
-password=ask
-ip=127.0.0.1
-port=-1
-code=20
-
 [Xvnc]
 name=Xvnc
 lib=libvnc.so
@@ -166,6 +157,15 @@ port=-1
 #xserverbpp=24
 #delay_ms=2000

+[Xorg]
+name=Xorg
+lib=libxup.so
+username=ask
+password=ask
+ip=127.0.0.1
+port=-1
+code=20
+
 [console]
 name=console
 lib=libvnc.so

XRDPを再起動します。

$ sudo systemctl restart xrdp

2 Windows 10からXRDPサーバにリモートデスクトップ接続する

リモートデスクトップを起動します。

Windows start button -> Windows Accesssories -> Remote Desktop Connection

XRDPサーバのFQDNあるいはIPアドレスを入力して接続します。

0001_RemoteDesktop.png

XRDPの画面でユーザ名とパスワードを入力します。

0002_Xvnc.png

GNOME3デスクトップ環境に接続できました。

0003_Connected.png