Ubuntu 18.04: Ubuntu 18.04をインストールする

Ubuntu 18.04のインストール方法を記載します。

1 新規インストール

1.1 インストールメディアのダウンロード

こちらのページにあるubuntu-18.04-desktop-amd64.isoをダウンロードして起動します。

$ wget http://releases.ubuntu.com/18.04/ubuntu-18.04-desktop-amd64.iso

1.2 インストール

左側のインストールで使用する言語を選択して"Install Ubuntu"を押します。

0001_Welcom.png

キーボードのレイアウトを設定します。

0002_KeyboardLayout.png

SWAPを除き、Normal Instalationでは3.9Gほど、Minimal Installationでは3.3GBほどストレージ容量を使います。

インストール時にインターネット経由でアップデートを取得する場合は"Download updates while …"にチェックを入れます。プロプライエタリなデバイスドライバが必要な場合は"Install third-party software …"にチェックを入れます。

0003_UpdatesAndOtherSoftware.png

ディスクのパーティションを設定します。仮想マシンの場合はLVMをおすすめします。

0004_InstallationType.png

ディスクパーティションの変更を反映させます。

0005_WriteTheChangesToDisks.png

タイムゾーンを設定します。タイムゾーンを自動で割り出すようですが、異なる場合は地図上をクリックしてください。

0006_WhereAreYou.png

コンピュータ名、ユーザ名、パスワードを設定します。ログインと権限が必要な操作で使います。

0007_WhoAreYou.png

インストールが完了するまで待ちます。

0008_WelcomToUbuntu.png

インストールが完了したら再起動します。

0009_InstallationComplete.png

インストールメディアを取り出してENTERを押します。

0010_RemoveInstallationMedia.png

ログイン画面が表示されます。先ほど入力したユーザ名をクリックし、パスワードを入力してログインします。

0011_Login.png

1.3 Normal InstallationとMinimal Installationの違い

パッケージの差異で言うと、Normal Installationに比べて以下のパッケージがMinimal Installationにはインストールされませんでした。違いはほぼない状態です。

aisleriot
baobab
branding-ubuntu
cheese
deja-dup
example-content
gir1.2-rb-3.0:amd64
gir1.2-totem-1.0:amd64
gir1.2-totemplparser-1.0:amd64
gnome-calendar
gnome-mahjongg
gnome-mines
gnome-sudoku
gnome-todo
gnome-todo-common
gnome-video-effects
guile-2.0-libs:amd64
hyphen-en-us
libabw-0.1-1:amd64
libavahi-ui-gtk3-0:amd64
libdmapsharing-3.0-2:amd64
libexttextcat-2.0-0:amd64
libexttextcat-data
libfreehand-0.1-1
libgnome-games-support-1-3:amd64
libgnome-games-support-common
libgnome-todo
libmessaging-menu0:amd64
libmhash2:amd64
libminiupnpc10:amd64
libmwaw-0.3-3:amd64
libmythes-1.2-0:amd64
libnatpmp1
libneon27-gnutls:amd64
liborcus-0.13-0:amd64
libpagemaker-0.0-0:amd64
libraptor2-0:amd64
librasqal3:amd64
librdf0:amd64
libreoffice-avmedia-backend-gstreamer
libreoffice-base-core
libreoffice-calc
libreoffice-common
libreoffice-core
libreoffice-draw
libreoffice-gnome
libreoffice-gtk3
libreoffice-help-en-us
libreoffice-impress
libreoffice-math
libreoffice-ogltrans
libreoffice-pdfimport
libreoffice-style-breeze
libreoffice-style-galaxy
libreoffice-style-tango
libreoffice-writer
librhythmbox-core10:amd64
libtotem0:amd64
libvisio-0.1-1:amd64
libwpd-0.10-10:amd64
libwpg-0.3-3:amd64
libwps-0.4-4:amd64
libyajl2:amd64
mythes-en-us
python3-uno
remmina
remmina-common
remmina-plugin-rdp:amd64
remmina-plugin-secret:amd64
remmina-plugin-vnc:amd64
rhythmbox
rhythmbox-data
rhythmbox-plugin-alternative-toolbar
rhythmbox-plugins
shotwell
shotwell-common
simple-scan
thunderbird
thunderbird-gnome-support
thunderbird-locale-en
thunderbird-locale-en-us
totem
totem-common
totem-plugins
transmission-common
transmission-gtk
ubuntu-web-launchers
uno-libs3
ure
usb-creator-gtk
vino
zeitgeist-core

2 Ubuntu 16.04とUbuntu 17.10からUbuntu 18.04にアップグレードする

現在のバージョンでUbuntuを最新の状態にします。

$ sudo apt update -y
$ sudo apt upgrade -y
$ sudo apt dist-upgrade -y

do-release-upgradeコマンドでUbuntu 18.04にアップグレードします。2018/4/27現在のReleaseNotesによれば、do-release-upgradeコマンドは-dオプションが必要なようです。オプションをつけないとUbuntu 18.04が見つかりません。

$ sudo apt install -y ubuntu-release-upgrader-core
sudo do-release-upgrade
Checking for a new Ubuntu release
No new release found.
$ sudo do-release-upgrade -d # If do-release upgrade cannot find Ubuntu 18.04

アップグレードを開始するためにyと入力します。

Installing the upgrade can take several hours. Once the download has
finished, the process cannot be canceled.

 Continue [yN]  Details [d]y

変更を加えているファイルに関して上書きしてよいかの警告が出るかもしれません。適時答えてください。

Configuration file '/etc/NetworkManager/NetworkManager.conf'
 ==> Modified (by you or by a script) since installation.
 ==> Package distributor has shipped an updated version.
   What would you like to do about it ?  Your options are:
    Y or I  : install the package maintainer's version
    N or O  : keep your currently-installed version
      D     : show the differences between the versions
      Z     : start a shell to examine the situation
 The default action is to keep your current version.
*** NetworkManager.conf (Y/I/N/O/D/Z) [default=N] ? N

サポートされなくなったソフトウェアを削除する為にyと入力します。

270 packages are going to be removed.

Removing the packages can take several hours.

 Continue [yN]  Details [d]y

再起動する為にyと入力します。

System upgrade is complete.

Restart required

To finish the upgrade, a restart is required.
If you select 'y' the system will be restarted.

Continue [yN]y

再起動後はUbuntu 18.04が起動します。

$ lsb_release -a
No LSB modules are available.
Distributor ID: Ubuntu
Description:    Ubuntu 18.04 LTS
Release:        18.04
Codename:       bionic

3 GNOME3 Initial SetupでCanonical Livepatchを導入する

Canonical LivepatchとはKernel Livepatchの実装のひとつです。Canonical LivepatchはUbuntu 16.04の頃から導入されていますが、Ubuntu 18.04からGNOME3 Initial Setupから手軽に設定できるようになりました。

Kernel Livepatchのその他の実装として、RedHatのkpatchやSUSEのkGraftがあります。

セキュリティやバグ修正でカーネルは頻繁にアップデートする必要があり、ユーザはカーネルのアップデートを反映させる為に再起動が必要でした。

Kernel Livepatchを利用することで、カーネルを起動したままカーネルのアップデートを反映させることが可能になります。よって、自分の好きなタイミングで再起動すれば良いことになります。

Canonical Livepatchを導入するにはUbuntu Single Sign Onアカウントが必要です。ひとつのUbuntu Single Sign Onアカウントにつき、マシン3台まで無料でCanonical Livepatchを導入することができます。Ubuntu Single Sign Onアカウントを登録するにはメールアドレスが必要です。

以降ではUbuntu Single Sign Onアカウントの登録とCanonical Livepatchの導入手順を記述します。

初回起動時に"Welcome to Ubuntu"のダイアログが表示されます。Nextをクリックします。

0012_WhatsNewInUbuntu.png

Canonical Livepatchの設定画面が表示されます。"Set Up Livepatch"をクリックします。

0013_Livepatch.png

root権限が必要な操作がある為、"Authentication Required"のダイアログが表示されます。インストール時に作成したユーザのパスワードを入力します。

0014_AuthenticationRequired.png

Ubuntu Single Sign Onアカウントをまだ持っていないので、"I want to register for an account now"にチェックを入れ、"Connect"をクリックします。

0015_IWantToRegisterForAnAccountNow.png

Ubuntu Single Sign OnのページがFirefoxで開きます。e-mail、名前、ユーザ名、パスワードを入力し、"Ubuntu One terms of service"を確認してチェックを入れ、"Create account"をクリックします。

0016_CreateUbuntuSingleSignOnAccount.png

"Welcome to Ubuntu"のダイアログに戻り、"I have an Ubuntu Single Sign-On account"にチェックを入れ、Ubuntu Single Sign Onアカウントのe-mailとパスワードを入力します。

0017_InputUbuntuSingleSignOnAccount.png

root権限が必要な操作がある為、"Authentication Required"のダイアログが2回表示されます。インストール時に作成したユーザのパスワードを入力します。

以上でCanonical Livepatchが導入できました。"Next"をクリックします。

0018_LivepatchIsNowOn.png

開発者へ統計データを送るかどうかの確認が表示されます。送らない場合は"No, don't send system info"にチェックを入れます。"Next"をクリックします。

0019_helpImproveUbuntu.png

以上で初期設定は終了です。

0020_YoureReadyToGo.png

4 手動でGNOME3 Initial Setupを表示する

後でCanonical Livepatchを導入したくなった場合は手動でGNOME3 Initial Setupを起動すれば良いでしょう。

/usr/share/applications/gnome-initial-setup.desktopをクリックします。"Initial Setup"という名前のアイコンで表示されています。

0021_GnomeInitialSetup.png

あるいはターミナルにて以下のコマンドを実行します。

$ /usr/lib/gnome-initial-setup/gnome-initial-setup

5 Ubuntu 16.04からの変更点

5.1 デスクトップ環境がUnityからGNOME3へ

Ubuntu 17.10からデスクトップ環境がUnityからGNOME3に変わりました。カスタマイズされており(ubuntu-sessionパッケージもGNOME3のextension)、FedoraやCentOSのGNOME3よりUnityに近い外観になっています。

0022_GNOME3.png

5.2 名前解決にsystemd-resolvedが使われている

systemdを使うディストリはsystemd-resolvedになっていくと思います。

systemd-resolvedは127.0.0.53で問い合わせを受けて、DNSサーバへ問い合わせを実行します。DNSサーバが複数ある場合はラウンドロビンで問い合わせるので注意が必要です。

$ cat /etc/resolv.conf
<snip>
nameserver 127.0.0.53

DNSキャッシュをクリアするには以下のコマンドを実行します。systemd-resolvedがDNSキャッシュを保持している訳ではないようですが、ホストで持っているDNSキャッシュをクリアしてくれます。

$ sudo systemd-resolve --flush-caches

5.3 デフォルトでnet-toolsがインストールされていない

ifconfigコマンドやrouteコマンドを持つnet-toolsはデフォルトでインストールされていません。net-toolsをインストールするか、iproute2のipコマンドを使いましょう。

net-toolsとiproute2の対応は以下の通りです。

net-tools iproute2
ifconfig -a ip addr
ifconfig eth0 ip addr show eth0
ifconfig eth0 up ip link set eth0 up
ifconfig eth0 down ip link set eth0 down
ifconfig eth0 192.168.0.1 \ ip addr add 192.168.0.1/24 dev eth0
netmask 255.255.255.0  
route ip route
route add default gw 192.168.0.1 ip route add default via 192.168.0.1
route add -net 192.168.0.0 \ ip route add 192.168.0.0/24 dev eth0
netmask 255.255.255.0 dev eth0