Fedora 28: Fedora 28をインストールする

Fedora 28の新規インストール手順とFedora 27からのアップグレード手順について記載します。

1 新規インストールする

download.fedoraproject.orgから Fedora-Workstation-Live-x86_64-28-1.1.isoをダウンロードします。

Fedora-Workstation-Live-x86_64-28-1.1.isoを起動して、"Start Fedora-Workstation-Live 28"を選択します。

0001_LiveDVDGRUB.png

GNOMEデスクトップ環境でインストーラが立ち上がります。

0002_WelcomeToFedora.png

インストーラにてホスト名を設定する項目がなくなっております。そして、DHCPサーバでホスト名を配布していても、LiveDVDのホスト名はlocalhost-liveになります。ただし、インストール後は配布されたものになります。

LVM論理ボリューム名はデフォルトではホスト名をベースとして設定され、以下のようなボリューム名になります。

/dev/mapper/fedora_localhost--live-root

このボリューム名を変えるにはインストールを実行する前にホスト名を変更するか、パーティション設定画面でLVM論理ボリューム名を手動で設定する必要があります。

ホスト名を変更するには、アクティビティから"Terminal"を開き、hostnamectlを実行します。

0003_gnome-terminal.png

ホスト名をlocalhost.localdomainにすれば、以前と同様のLVM論理ボリューム名になります。静的にホスト名を設定する場合はインストール完了後にhostnamectlで変更してください。

$ sudo hostnamectl set-hostname "localhost.localdomain"

インストーラに戻り、"Install to Hard Drive"を選択します。

0004_hostnamectl.png

言語を選択します。

0005_Language.png

言語の選択を元にキーボード配列は設定されます。キーボード配列とは違う言語を設定している場合は"KEYBOARD"を選択して、キーボード配列を変更してください。

0006_SelectKeyboardLayout.png

0007_ChangeKeyboardLayout.png

0008_CompleteKeyboardLayout.png

"INSTALLATION DESTINATION"でインストール先を選択します。

0009_SelectInstallationDestination.png

"Local Standard Disks"でインストール先のデバイスを選択します。

ある程度のサイズがあると/と/homeは別ボリュームとして選択されます。これは/homeのバックアップには有効なのですが、/homeのバックアップを利用しない場合は、"Storage Configuration"で"Custom"を選択して"Done"をクリックします。

0010_SelectLocalStandardDisks.png

"Click here to create them automatically"を選択します。

0011_ClickHereToCreateThemAutomatically.png

画面下部のマイナスで/homeパーティションを削除します。

0012_DeleteHomePartition.png

このままだと/homeのサイズが使われないので/へサイズを追加します。"Desired Capacity"に大きな値(ここでは1000GB)を入力し、"Update Settings"をクリックします。

0013_DesiredCapacity.png

"Done"を選択します。

0014_CompleteInstallationDestination.png

ディスクに対する変更内容が表示されます。"Accept Changes"を選択します。

0015_SummaryOfChanges.png

"Begin Installation"を選択します。

0016_BeginInstallation.png

インストールが開始されるので待ちます。

0017_WaitInstallation.png

インストール作業が完了しました。"Quit"を選択してウィンドウを閉じます。

0018_CompleteInstallation.png

画面右上の電源ボタンからマシンを再起動します。電源が一度落ちたら、インストールメディアを取り出して下さい。

0019_RebootMachine.png

0020_SelectRestart.png

インストールされたFedoraのGRUBが立ち上がります。一番上のエントリを選びます。

0021_InstalledFedoraGRUB.png

Firstbootのウィンドウが表示されます。"Next"を押します。

0022_Welcome.png

"Mozilla Location Service"を使わない場合は"Location Services"をOFFに、統計データを開発者に送らない場合は"Automatic Problem Reporting"をOFFにします。"Next"を押します。

0023_Privacy.png

SNSのアカウントを設定する場合はクリックして設定します。"Skip"を押します。

0024_ConnectYourOnlineAccounts.png

ユーザを追加します。デフォルトでrootユーザはロックアウトされており、このユーザはwheelグループに追加されます(sudoを使うことができます)。"Full Name"を空にすることができないのですが、いつも空にしている場合は"Username"と同じ内容にしておけば良いでしょう。"Next"を押します。

0025_AboutYou.png

ユーザのパスワードを設定します。"Next"を押します。

0026_SetAPassword.png

Firstbootが完了しました。"Start Using Fedora"をクリックします。

0027_ReadyToGo.png

ログイン画面が表示されます。作成したユーザを選択し、パスワードを入力することでログインできます。

0028_Login.png

2 Fedora 27からFedora 28へアップグレードする

Fedora 27のパッケージをアップデートしておきます。

$ sudo dnf update -y
$ sudo dnf upgrade -y
$ sudo reboot

Fedora 28へアップグレードします。ssh経由で実行した場合は接続が切断されますが、ローカルのコンソール上ではアップグレード作業が続行されます。

$ sudo dnf install -y dnf-plugin-system-upgrade
$ sudo dnf system-upgrade -y download --refresh --releasever=28
$ sudo dnf system-upgrade reboot